会社案内

「つむぎコンサルティング」では、資産税に関するコンサルティング及び税務申告を中心とした業務を行っています。
資産税とは、資産の移転に伴って生じる税金を総称するもので、具体的には、相続税・贈与税・法人税・所得税等のあらゆる税目にまたがっているものです。
資産税という分野から、事業承継・相続対策・M&Aを通じて「次世代へつなげる」「人と人をつなげる」お手伝いをさせていただきます。

つむぎコンサルティングとは

つむぎコンサルティング エントランスつむぎコンサルティングでは、事業承継、相続、M&A等の場面における財産に関する税務を中心としたコンサルティングを行なっています。日本の相続税・贈与税・所得税等の最高税率は50%であり、税務に対する考察が非常に重要です。

これら財産の承継に関する問題は、その解決方法によって多くの人の人生に影響を及ぼすこともあります。つむぎコンサルティングではこれらの問題に対して妥協せず、解決したいという一心で取り組んでいます。

困難な問題を解決するためには、今までの定石を踏まえたうえで先進性、創造性、独創性が必要になります。これらの発想は過去の経験や思い込みにとらわれず、自由な発想から生まれるものです。他方で、税務上の安全性もとても重要となります。つむぎコンサルティングは、定石と新しいアイデアを持って、安全性を第一に考えて取り組んでいます。

事業承継やM&Aの決断の場面では、「気持ち」が重要な要素になることが少なくありません。たとえばお子さんに財産を承継する場面では、ご両親はもしもお子さんが先に亡くなってしまったら、どうなってしまうのだろうかと心配になります。あるいは、奥様はご主人が亡くなった際に多くの財産を子供に相続してしまうと、その後の生活に不安を感じるものです。遺言書を書く場面では、もしも状況が変わったらどうしたらよいのかと気になります。つむぎコンサルティングでは、税務上の問題だけでなく、このようなご心配を共に考えて対応策を検討しています。

会社名について

つむぎコンサルティング ロゴ「つむぎ(ぐ)」とは、細い繊維と繊維を合わせて一本の糸によりあわせることを言います。
財産が親から子に引き継がれる場面で、親の世代と子の世代を合わせて一本の糸によりあわせて「つむぎ(ぐ)」お手伝いをしたいという想いを込めて「つむぎコンサルティング」という会社名にしました。

また、M&Aでは、会社は、売却を検討している株主から新しく株主になる方に承継されていきます。その際に、旧株主と新しい株主との間を、「つむぎ(ぐ)」お手伝いをしていきたいという想いをもっています。